4月24日(日) 、KNTVとDATVが主催するK-POPイベント「Power of K 2016~Korea TV Fes in Japan」が幕張メッセにて開催。MONTSA X、Lovelyz、防弾少年団、INFINITE、SUPER JUNIOR-RYEOWOOKが出演し、昼・夜二回公演で25000人を動員した。
夜公演の直前にはフォトセッションが行われ、出演チームがひと組ずつ登壇。スカパー!の公式キャラクター・スカッピーとポーズを取るなど、なごやかな雰囲気の中、集まった取材陣のカメラに応じた。MCをつとめるSUPER JUNIORのLEETEUKとKARAのハラが揃って登場した際には、LEETEUKの韓国語の挨拶をハラが通訳する場面も。早速息の合ったところを見せてくれた。
日本を拠点に活動する日韓混合ボーイズグループBEE SHUFFLEのオープニングアクトを経て、18時、夜公演がスタート。まずは真っ赤なドレスに身を包んだハラとドレッシーなブラックスーツで決めたLEETEUKがステージに登場し、ハラが「今日は日本での初のソロ活動で緊張していますが、頑張ります」と決意を述べた。
そしてLEETEUKの呼び込みで、1組目のアーティストMONSTA Xが登場。残念ながら怪我のため公演に不参加となったミンヒョクを除く6人で5曲を披露した。自己紹介タイムでは、メンバー全員が日本語で挨拶に挑戦。I.Mが小さなメモ用紙を見ながらたどたどしい日本語で挨拶をすると、会場のあちこちから「かわいい」と漏れ聞こえてきた。『Amen』を披露した際は、ステージから降りて観客とハグやハイタッチするなど積極的に観客と交流。『HERO』ではフレッシュかつ力強いパフォーマンスを見せ、日本のK-POPファンたちに強い印象を残した。
続いて登場したのは、今回の出演者の“紅一点”Lovelyz。セーラーカラーのトップスにミニスカートという出で立ちで、飛び跳ねたり手を振ったりする姿は、まるで妖精のようだった。8人は透き通った高音ボイスを響かせ、『Ah-Choo』『ForYou』の2曲を軽やかに披露し、会場にさわやかな風を運んだ。
ここで再びMCの二人が登場。LEETEUKは「日本のアーティストや俳優さんと共演したいです。ロマンチックな役をやってみたい」と言うと、突然「ハラちゃん!」と叫び、ハラに向かって“エアー壁ドン”!リアルに戸惑うハラの表情が可笑しかった。
そして、注目の防弾少年団のステージがスタート。メンバーの紹介VTRが終わると、真っ暗な中ステージの2階部分に、ゆっくりとメンバーたちが現れる。まずはイントロだけでも大歓声が上がる『RUN』から。SUGAのクールなラップや、時折スクリーンに映し出されるジョングクのキメ顔に、会場からは絶叫に近い声が鳴り響く。つづいて盛り上げソング『ホルモン戦争』(JP VER)でテンションを上げると、会場は一気に防弾少年団色に染まった。「温かい春の雰囲気にぴったりの曲です」というジョングクの紹介で『Butterfly』をしっとりと歌い上げると、「せっかくだからもっともっと近くに行きます」とJ-HOPEが話し、全員で会場中央に設置されたサブステージへ移動。『いいね!pt.2~あの場所で』(JP VER)を披露し、艶かしくしなやかに腰を振る振り付けで、観客をノックダウンさせた。続くミディアムバラード『FOR YOU』(JP VER)では、ステージが桜色のライトに照らされ、会場は一気に春色めいた。 RAP MONSTARの「みなさん! 遊んで盛り上がるタイムです。一緒に盛り上がって歌ってください!」という呼びかけで、ここからはノリノリのナンバーを一気に3曲披露。『フンタン少年団』では、メンバーが会場の左右に設置された花道に散らばり、ライブ感あふれるステージを展開。ジミンがジャケットをはだかせるセクシーなパフォーマンスで会場を盛り上げた。『DOPE』では、メンバーとファンでサビを大合唱。炎があがるステージで情熱的なパフォーマンスを繰り広げると、会場全体の熱気が最高潮に達した。「今日は本当に楽しかったです。ファンは僕たちの全てです」とジンが感想を述べ、最後のステージに突入。Vが「準備いいですか?」と観客を鼓舞し、『I NEED YOU』(JP VER)を気合い満点でパフォーマンス。メンバーたちも完全燃焼といった表情で、ステージをあとにした。
ここで興奮冷めやらない会場をクールダウンさせるように、MCの二人が会場後方の客席前に登場。イトゥクに「日本で好きな場所は?」と聞かれたハラは、「ハラだから原宿(ハラジュク)が大好きです」とおやじギャグで返答。ハラが「韓国でおすすめの場所」を聞くとイトゥクが「僕の家です」。「イトゥクさん、やめてください」と突っ込むハラが可愛かった。そして、いよいよINFINITEのステージの時間がやってきた。
暗闇の中、ゆっくりとステージに現れた7人。その堂々とした姿はカリスマの降臨といったところだ。色鮮やかなレーザーが会場に放たれ、公演がスタート。まずは『BACK』『Destiny』と、INFINITEの代名詞“カルグンム(一寸の狂いもないダンス)”が光るナンバーで、存在感を見せつける。MCコーナーでは、ソンヨルが「優しすぎる男ソンヨルです」と自己紹介すると、ソンギュは「足を怪我したせいで椅子に座っていました。ごめんなさい。でもみなさんの声を聞いたおかげでもう痛くありません」とコメント。約2ヶ月ぶりとなる来日をうけて、ソンジョンが「僕はとってもさびしかったです。シクシク」と愛嬌たっぷりに泣くフリをすると、ウヒョンが「僕もすごくみなさんに会いたかったです」と言ってなぜか、男らしい低音ボイスで「シクシク~」と言い、会場を笑いに包んだ。

続いて、『Love of My life』、『Diamond』と高度な歌唱力を要するバラードを熱唱。息を呑むような圧巻の歌声に聞き惚れる。会場には、曲が終わると同時に「おお~」と地響きのような感嘆が会場に響いていた。『Paradise』『Julia』『Be mine』で観客全員を巻き込みアグレッシブなパフォーマンスを見せると、汗でびしょびしょになったメンバーたちが次々とジャケットを脱ぎ、白シャツ&黒ネクタイ姿に。特に腕をまくったLのセクシーな出で立ちに悩殺されるファンが続出した。ラストソング『Bad』では、ホヤがテクニカルなソロダンスで会場を沸かせていた。 静と動の魅力で観客を虜にしたINFINITE。安定感抜群のステージングに、余裕と貫禄を感じた時間だった。
大トリを務めるのは、6月に兵役につくことが決まっているSUPERJUNIORのRYEOWOOK。LEETEUKの「リョウク!」という呼び込みをきっかけに、会場には「リョウク」コールが鳴り響いた。SUPERJUNIORのイメージカラー“パールサファイアブルー”のライトに照らされたステージに、RYEOWOOKが登場。まずは一青窈の『ハナミズキ』とSUPERJUNIOR-K.R.Yの『Dorothy』を持ち前の美声で熱唱する。ゆっくりと会場の右から左に見渡しながら、観客ひとりひとりの顔を確認するように歌う姿に観客もうっとりしていた。

初めのMCで、「みんなの彼氏、忙しいけどいい男、かっこいい男リョウクです」と挨拶。只今絶賛日本語勉強中というだけあって、その後は全て日本語で話していた。「(日本語)上手」と言うファンの声に「ヨシっ!」とガッツポーズしたり、お水のことを「お冷」と言い「お冷、美味しいですね。スゲー」と驚いたり。トップスターの親近感のある姿が新鮮だった。1stminiアルバム収録曲の『Foxy Girl』を披露すると、SUPERJUNIORファンに嬉しいサプライズが! なんとSUPER JUNIORのヒット曲『BONAMANA』と『Devil』をメドレーで披露したのだ。また『Devil』の途中では、LEETEUKも登場し、歌を歌ったりダンスを披露した。互いの腰をつかんで花道を楽しそうに歩く二人の姿に、会場はこの日最高の盛り上がりを見せた。

「昼公演を見て、リョウクを助けなきゃと思ったんです。少し役にたてましたか?」というイトゥクに、「もちろん!やっぱりイトゥクさんですね。大好き!」と言って力強くハグするリョウク。2人でSUPER JUNIORのオリジナル挨拶『僕たちは、スーパージュニアです。スーパージュニオイェヨ!』と叫ぶと、会場に『ウリ ヌン ELFイェヨ』というお約束の返しが響く。ファンとSUPERJUNIORとの強い絆を感じた瞬間だった。 『Hello』で会場をハッピーなオーラに包むと、「2年後、3年後、長くない!僕がまた会いに来ますから待っていてください。約束~!」「みなさんのおかげで僕がいます。愛してるよ」と愛のメッセージを送り、ラストソング『The Little Prince』へ。真っ白いライトが光り、スモークがたかれた幻想的なステージで一つ一つの言葉を噛み締めるように歌うリョウクの姿に、会場のあちらこちらからすすり泣く声が聞こえてきた。
すべてのアーティストの公演が終わると、イベントもいよいよクライマックスへ。ステージに出演者全員が勢ぞろいし、花道やサブステージから、サインの書かれたサッカーボールを一人ずつ客席に投げ入れた。名残惜しそうに何度も花道を往復しながら別れの挨拶をしてくれる姿に感動した。最後は出演者が全員ステージを降りるのを見届けたイトゥクがステージの中央に立ち、90度のお辞儀。大盛況の中、大イベントの幕を閉じた。
<セットリスト>
【MONSTA X】
Trespass
正直に言おうか(Honestly)
RUSH
Amen
HERO
【Lovelyz】
Ah-Choo
For You(あなたへ)
【防弾少年団】
RUN
ホルモン戦争(日本語ver.)
Butterfly
いいね! Pt.2~あの場所で(日本語ver.)
FOR YOU(日本語ver.)
フンタン少年団
DOPE
I NEED U(日本語ver.)
【INFINITE】
Back(日本語ver.)
Destiny(韓国語ver.)
Love of My life(日本語ver.)
Diamond(日本語ver.)
Paradise(韓国語ver.)
Julia(日本語ver.)
Be Mine(日本語ver.)
Bad(日本語ver.)
【SUPER JUNIOR-RYEOWOOK】
ハナミズキ
Dorothy
Foxy Girl
BONAMANA+Devil
Hello
The Little Prince